カラフルな女性

ネイルやまつげエクステ、ヘアメイクで魅力UP|美容室で変わる自分

デザインを決める

長さ・太さ・デザイン

初めてまつげエクステを使用するなら、いちばん長い自分のまつげを基準にしましょう。まぶたが腫れぼったくない人は、プラス2mm、腫れぼったい人はプラス3mmを目安にするといいでしょう。全体のバランスを見ながら最適な長さを決めることが、より自然に仕上げるための大切なポイントです。さらに太さですが、自分のまつげの状態に合わせて選びましょう。まつげが傷んでいる場合は、負担のかからない細いものからトライするのが無難です。まつげにはりがなかったり、ビューラーでうまく上げられない場合は、まつげが傷んでいる可能性があります。自分で判断できないときは、サロンの人にチェックしてもらってください。デザインに関してもどんな形に仕上げるかは、まつげエクステのもっとも楽しいところですが、好みのデザインと、似合うデザインが必ずしも一致するとは限りません。いろいろ安価で試せるのも市販の魅力です。

決めるポイント

いくら目じり側に長いまつげをたくさん付けたいと思ったとしても、それが似合うかどうかは別のことです。例えば、両目の間が広くて目じりが下がり気味の人が目じり側のまつげを長くすると、目の外側が強調され、顔も外側に広がった印象になります。これでは顔が大きく、しかも老けて見えてしまいます。また、エクステのデザインはメイクとの相性も大切です。特にアイラインの入れ方、締め色の入れ方の好みで、似合うデザインは変わってきます。自分が目じり、黒目の上、目頭のどこにポイントを置いたアイメイクをしているかも考慮しましょう。そんなにメイクもしないからよくわからないという方は、まずはナチュラルな扇型のデザインがおすすめです。まつげエクステはフィルムタイプのマスカラなら使用できるので、ボリュームをプラスすることは可能。ベースがナチュラルでも、変化を楽しむことができます。